ご挨拶

理事長(院長)道躰祥一郎

ご挨拶

院長 道躰祥一郎

周囲を緑に囲まれ、四季の美しさを目の当たりにできる素晴らしい環境の鎌倉市梶原に1997年4月 本院を開院いたしました。外来部門では内科・外科を中心に内視鏡専門医による内視鏡診断と治療。肛門科・泌尿器科外来また緩和治療も行なっております。

入院部門では、個室を主体とした病室は19床ですが、最新の設備と行き届いた看護、また美味しいお食事など患者様が安心してゆったりと病気を癒すことができるクリニックです。

私が医師として日頃から大切に思っていることが2つあります。その1つは“医師と患者の信頼関係を築いていく事”と考えます。

信頼が築かれていれば、正確な診断と素早い治療が可能になりますし、病状によっては専門病院への紹介もスムーズに行うことができます。

もう1つは“患者様の訴えをゆっくりと聞いてさしあげる”という事です。時には話を聞いているだけで病気の診断がついてしまう場合もあります。

私どもの職員は、皆同じ考え方をもって患者様に接遇いたしておりますので、どうぞ安心してご来院ください。

プロフィール

1947年 道躰医院道躰祐二郎院長の長男として鎌倉で生まれる
1972年 御成小学校、栄光学園を経て東邦大学医学部を卒業する
北里大学胸部外科・国立がんセンター外科・国立中野病院等で勤務する
1982年 道躰医院副院長として鎌倉で診察を始める
1994年 道躰クリニックを開院(鎌倉駅東口)
1997年 入院設備の必要性を感じ、緑豊かな梶原に有床診療所道躰クリニック梶原を本院として設立
2011年 ライフオブクオリティーの大切さを考え、アンチエイジングを目指す美容皮膚科を駅前道躰クリニックに併設

資格

  • 日本外科学会認定医
  • 日本内視鏡学会認定医
  • 日本抗加齢学会会員
  • 日本オゾン学会認定医
  • 日本男性医学会会員
  • 見た目のアンチエイジング研究会会員
  • プラセンタ療法研究会会員

副院長 道躰幸二朗

ご挨拶

副院長 道躰幸二朗

祖父、祐二郎が鎌倉に医院を開院してから約半世紀。
時代は変わり、医療も日々進歩を遂げております。医療先進国の日本では、新薬の開発や、検査・治療機器の向上、手術手技も新しいものが発信され続けております。

私は東邦大学医学部を卒業後、東邦大学医療センター大橋病院の胸部外科・腹部外科・乳腺外科に勤務となりました。同病院では、手術はもちろんの事、内視鏡、超音波などの各種検査、化学療法、緩和療法についても深く携わり最先端の医療に触れ、多くの事を学んできました。
また同病院在籍中に地域の民間病院で2年間勤務をし、一般内科、老人医療など大学病院とはまた違う地域医療を経験することができました。
私はこれまで多くの患者様と疾患に出会い向き合ってきました。その中で気付いたことは「医療とは必ずしも新しいものを取り入れれば良い」というものではないという事です。昨日まで治療に最適だと思われていた事が今日では違っていたりという事が医療の世界ではしばしば見受けられます。逆に、今まで効果がないとされていた事が再び注目されるという事も珍しくはありません。

『医者として大切なことは、各患者様ごとに最適の医療を見つけ出すこと』
新しい医療ばかりに頼るのではなく、今までの治療に新しいものを取り入れながら、患者様ひとり一人に合った治療を行うことが大切だと考えます。
そのためには患者様の言葉に耳を傾け、どんな症状にも目を向け、会話し、独りよがりにならない診療を心がけていきたいと思っております。

プロフィール

1978年 東京都中野区で院長道躰祥一郎の次男として生まれる
2003年 慶應義塾幼稚舎、慶應義塾普通部、高等学校を経て東邦大学医学部を卒業する
2006年 東邦大学医療センター大橋病院にて臨床研修を経て同院外科に勤務
八街総合病院、清智記念病院等で勤務を行う
2009年 道躰クリニック梶原にて副院長として診察を始める

資格

  • 日本外科学会専門医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 麻酔科標榜医
  • 緩和ケア研修会修了
  • クリニックのご案内
  • ご挨拶
  • 診療内容のご案内
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 検診・人間ドックのご案内
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • クリニックからのお知らせ
道躰(どうたい)クリニック梶原
〒247-0063
神奈川県鎌倉市梶原2-34-1
0467-48-3000
道躰(どうたい)クリニック駅前
〒248-0006
神奈川県鎌倉市小町1-2-16
0467-25-5151

どうたいクリニック美容皮膚科 0467-84-9484

PAGETOP